T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ







前のページに戻る

ネットビジネスの種類

TOP > ネットショップとは > ネットビジネスの種類


ネットビジネスとはインターネットを使ってモノ、情報、
あるいはサービスなどを販売するビジネスの総称です。


ネットビジネスには以下5つの種類があります。
1つに絞って取り組む方法や組み合わせて取り組む方法が
考えられますが、自分に合った方法を選ぶことが大切です。




1.ネットショップ型

インターネット上に作成した商品写真が掲載されたホームページや
ブログを仮想ショップとし、そこで商品の販売を行なうビジネスです。
商品には製作販売されるものと、仕入れ販売されるものがあります。
リアルビジネスので通信販売をインターネットの世界で行なったものが
ネットショップであり、ネット通販ともいいますね。



2.情報起業型

何か人のためになる情報を文書化した情報商材をインターネットに
よって販売するビジネスです。
また情報起業には、情報を冊子化したり音声化したものを販売したり、
セミナー開催で参加者を集めて収入を得るという方法も含まれます。
今では、ブログなどが普及し個人でも比較的容易に情報発信が可能に
なったことで、情報起業する人が増えています。



3.アフィリエイト型(広告収入型)

顧客に紹介することにより広告収入を得るというビジネスです。
アフィリエイトとは商品やサービスを販売・提供している店や企業と
提携し、その商品やサービスの広告を取り扱うASPサイトを介し、
業務提携を結ぶという仕組みです。
アフィリエイトには商品写真を広告として扱うタイプがあり、それを
使用することで、ネットショップのように運営することもできます。



4.ドロップシッピング型

在庫を持たないで直送販売することが出来るビジネスです。
在庫を持たず、直送販売というのはアフィリエイトと似ていますが
ドロップシッピングでは小売価格や利益率を販売者が自由に決定する
ことができます。
アフィリエイトのようにノーリスクではなく、販売代理店としての
リスクが伴うことになりますが、その分大きな利幅を見込めます。



5.その他

[有料会員型]
有料会員制サービスやコミュニティ、ショッピングモール運営などです。
楽天やYahoo!ストアなどもこのモデルに属します。

[仲介型]
取引を仲介することにより仲介手数料などの成功報酬を得るビジネスです。

[金融型]
ネットバンクやネット証券などです。
特にネット証券は主婦や若い人でも参加でき、今では広く普及しています。

[ 2005/05/26 23:02 ] はじめに | TB(-) | CM(-)