T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニッチ市場を探す時の注意点

一般的に個人や小さな規模の会社はニッチ市場で
ビジネスを考えることが望ましいと言われます。

ニッチは隙間という意味です。
ニッチの逆はマスで大衆という意味です。

ニッチ市場を探してそこでビジネスを展開すれば
個人や小さな規模の会社は安泰なのでしょうか。





ところで、ニッチ市場を探すこととターゲットを
絞り込むことはどこか類似しているように思います。
そう思うのは私だけかもしれないですけどね。

しかしやはり、それらは根本的に違いますね。

ターゲットを絞り込むことはあらかじめ販売する
商品の原型がある上で、それを購入する顧客を
イメージしていくという「こじつけ」的なところが
あると思います。

実際、ターゲットを絞り込んでも発売してみれば
徐々に想定していたターゲット以外の顧客層からの
購入が多くなってしまったといったこともあること
からも「こじつけ」的であると言えます。

ターゲットを絞り込むことは、商品とコンセプトを
明確化する意味合いが強いと思います。

一方、ニッチ市場を探すということは、販売する
商品の原形もまったくないところから、商品含めて
ビジネスを探すことになります。

一つの新規事業開拓ですね。
従って、大企業が参入してくる余地のないニッチな
新しい市場を探し出せば、オンリーワンあるいは
ナンバーワンのビジネスを展開できるわけです。

しかし、ニッチ市場を探す際には以下のようなことに
注意しないといけないと考えられます。

・当初はニッチ市場でも大企業の参入余地があり
 マス市場に成長してしまう。
・あまりにニッチ過ぎて顧客が非常に少ない。
・ニッチの種類によっては趣味で無償提供している
 人と競合してしまう。

ニッチ市場を探してビジネスを立ち上げていこうと
考えていらしゃるのであれば、こういったことを
意識して安全性を確認してから臨むべきだと思います。

それで、もしニッチ市場がみつかれば、今後あなたの
ビジネスは安泰だと思います。

私も日々意識して探していますが、そう簡単には
みつからないものですね~。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2006/06/08 20:45 ] ターゲットの絞り方 | TB(0) | CM(29)

脇フェチとか、うなじフェチとか。

ニッチですね♪

ん?

応援?
[ 2006/06/08 21:06 ] [ 編集 ]

コウさん、こんばんは!
いつも読んでいただいてありがとうございます。
ご質問の件ですが、一般的にはホームページ作成は個人でも請け負っていらっしゃる方は結構いらっしゃいます。ただ、それだけで飯を食うには難しいので他にも仕事を持っていらっしゃるみたいです。HP作成しかしないというところはあまり聞きませんね。もしそういうところがあれば、単価が高いか、かなりの顧客を持っているところだと思います。なんでもやりますよというところはそれなりの人がいるところか、外部に依頼先をもっているところじゃないでしょうか。(的を得てないかも・・すみません・・^^;)
[ 2006/06/08 23:28 ] [ 編集 ]

大企業に対抗するには

こんばんはP太郎です!!

大企業に対抗するには、
大企業のやらないことをやらないとダメですね!!

人口の少ない場所
偏ったニーズ

的確に捉えれば中小企業でも十分に対抗できると思います☆

応援!!
[ 2006/06/09 03:52 ] [ 編集 ]

ニッチなのか、はたまた大企業も参入してくるのか
見極めが大切そうですね。
[ 2006/06/09 13:38 ] [ 編集 ]

 こんばんは  万吉です。

そうですね いざ 探すとなると なかなか見つかりません。
ニッチな部分に気付いて それで成功している御方って
はじめから そんなニッチ市場の近くに たまたま いた…。
そんな感じが 多いような気がします。

まあ 近くにいたからこそ 気付くのかもわかりませんが。

もっと自分の身近を 徹底的に観察してみる必要…あり。
…ですかね^^

 まいどホントに 感謝しておりますm(_ _)m
[ 2006/06/09 20:02 ] [ 編集 ]

スマイルコーヒーもニッチです

今日はスマイルコーヒーのブロガーでコメントです(笑)
いつもは博多のヒロシですが・・・
これもニッチとして開発しました。
大手ではコーヒーメーカーの原価が高すぎ、人件費を多く支出している大手には利益が出しにくい市場だったんですよ。
[ 2006/06/10 01:34 ] [ 編集 ]

小さい企業の戦い方

こんばんは。
ランチェスター戦略と同じ考え方ですね。
この戦略の本、結構参考になりますよ。
応援ぽちっと。
[ 2006/06/10 01:51 ] [ 編集 ]

ニッチ

スマイルハートの社長です。

ニッチという観点で自分のビジネスが
さらに展開できないか、考えてみます。

応援クリック、ポチッと!

いつも忙しい中コメントありがとうございます。
[ 2006/06/10 06:59 ] [ 編集 ]

ニッチで、ディープな市場を目指して

ネットの普及に伴い、amazon.comのようにロングテールの市場にも手が伸び始め、ニッチ市場も注目され始めてきましたよね。

仰るとおり、ニッチ過ぎてもダメ、マスすぎても難しい、その中間を見つけていきたいですね。

はぁ~、ニッチもサッチも行かないな~・・・・。
[ 2006/06/10 07:02 ] [ 編集 ]

コウさん、おはようございます!
ニッチで成功するには、市場に関係ないところではやはりアイデア・技術力だと思います(他社(他人)にまねできない)。
これだけ毎日、新しい商品・サービスが出てくる世の中ですので考えれば必ずあるんでしょうね。
[ 2006/06/10 08:40 ] [ 編集 ]

hayatoさんへ
いつもコメントありがとうございます。
[ 2006/06/10 17:51 ] [ 編集 ]

河野さんへ
ご丁寧にご説明いただきありがとうございます。
以前はwebデザイナーとかホームページ作成業者とか
それだけで仕事されているケースが多かったように
記憶していますが今ではそういうのはまれなんですね。
[ 2006/06/10 17:57 ] [ 編集 ]

P太郎さんへ
そうですね。
小さな会社が大企業と同じことをしていては
この先厳しいでしょうね。
ターゲットを絞り込んだり、ニッチ市場を探すことで
充分対抗していけると思います。
[ 2006/06/10 17:59 ] [ 編集 ]

今別府さんへ
そうですね。
大企業の参入は常に意識しておかないと
いけないと思います。
これは売れると思った商品をみつけてビジネスを
始めても、もしそれが大企業にとっても有益な
ビジネスとなれば参入してきてたちまち潰されて
しまってはいけないですからね。
[ 2006/06/10 18:02 ] [ 編集 ]

万吉さんへ
ニッチ市場に気づくときはそういうものかもしれないですね。
なかなか探そうと思って探せるものでもないと思いますね。
常に問題意識を持ってより良いビジネスをしていこうと
アンテナを張り巡らしている人にそれが可能という気もします。
[ 2006/06/10 18:06 ] [ 編集 ]

藤間さんへ
ランチェスター戦略。
その関係の本を確か持っていたような気がします。
探して読み返してみようと思います。(笑)
ありがとうございます。
[ 2006/06/10 18:08 ] [ 編集 ]

ヒロシ社長さんへ
実際にニッチ市場を狙ったコーヒーを開発されたんですね。
確かに大手は人件費が高いことが多いのでお客様の
細かなニースを満たすような小回りの利く商品の開発が
難しいことがありますね。
またよければその商品についていろいろ教えて
くださいね。
[ 2006/06/10 18:14 ] [ 編集 ]

スマイルハートの社長さんへ
私もニッチ市場を探して何か始めていけたらと
いつも考えています。
また何かニッチ市場みつけたときは教えてくださいね。
真似はしませんからご安心を。(笑)
[ 2006/06/10 18:16 ] [ 編集 ]

羽くじらさんへ
コメントありがとうございます。
そうですね。
個人や小規模のビジネスに合ったほどよいニッチが
大切だと思います。
[ 2006/06/10 18:21 ] [ 編集 ]

河野さんへ
そうですね。
市場に関係ないところでは真似されないような
アイデア・技術力でしょうね。
そういうアイデアや技術で勝負していけるように
自分を高めていきたいですね。
[ 2006/06/10 18:24 ] [ 編集 ]

 こんばんは  万吉です。

いつもホントに 応援が励みとなっております^^ ぽち

 まいどホントに 感謝しておりますm(_ _)m
[ 2006/06/10 19:49 ] [ 編集 ]

こんばんは!
ターゲットの絞込み→コンセプトの絞込み。。。
これってまさにその通りですよね!
結果違うターゲットに売れるって本当によくあるけど、
ターゲットの絞込みという作業が生み出した結果なんでしょうね♪
[ 2006/06/11 01:06 ] [ 編集 ]

応援クリック

kouさん
こんばんわ
いつも応援ありがとうございます。
応援していきます!
[ 2006/06/11 01:22 ] [ 編集 ]

ヒデさんへ
そうですね。
ターゲットを絞り込んでいたからターゲット以外の
お客様から購入してもらえるんだと思っています。
[ 2006/06/12 00:53 ] [ 編集 ]

応援

スマイルハートの社長です。

日が変わったので
応援クリック、ポチッと!

[ 2006/06/12 06:30 ] [ 編集 ]

どの市場で勝負するか、ここを間違えると
全てがダメになってしまいますよね。
[ 2006/06/12 12:38 ] [ 編集 ]

kouさん、お久しぶりです

ニッチ過ぎると、確かに時代が受付ないときがありますね。
「○の皿」という、宅配寿司屋も、
本部が
「少し時代が早すぎました。」と加盟者に言っていました(笑)
なんじゃそりゃって感じですが。
くりっく
[ 2006/06/12 15:15 ] [ 編集 ]

今別府さんへ
そうですね。
ニッチ市場が良いと思って簡単に
参入してしまうとすべて失うこともあるので
充分に気をつけない
[ 2006/06/12 22:34 ] [ 編集 ]

圭さんへ
そうですね。
そのニッチ市場が時代とマッチしているかと
いうことも大切な要素でしょうね。
[ 2006/06/12 22:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/135-5a34a648







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。