T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奇抜なアイデア商品を爆発的に売る方法

あなたの会社では奇抜なアイデアはゴミ箱に
捨てられていませんか?

せっかく奇抜なアイデアを思いついて提案したのに
いつもいつも却下されてしまっていたらさすがに
提案なんてしなくなっちゃいますよね。

でも、そんな奇抜なアイデアを売れる商品にして
成功する方法があるんです。




私の会社の中には、奇抜なアイデアをポンポン
思いつく人がいます。

時には笑え、時には失笑してしまうような本当に
奇抜なアイデアです。(笑)

私はどちからいって標準的な路線で考えてしまうので、
奇抜なアイデアってなかなか出ないタイプなんですよね。

奇抜なアイデアを思いつく人は現状の問題や悩みを
解決しようと考えるより何かおもしろいことはないかな
っていつも探している人に多い気がします。

そして思いついた奇抜なアイデアを会議の中で
発言するとすごい風当たりを受けてしまうんですよね。
「そんな奇抜なアイデアはうちの会社では商品化
できるわけないよ」と寒いまなざしで。

私も以前はそんな奇抜なアイデアはちょっと・・・
って正直感じたことはありました。

もちろん、奇抜なアイデアといっても、非現実的
というわけではなく、実際に製作することは可能です。
ただちょっと個性が強過ぎたり単価が高かったり・・・。

でも、実はその奇抜なアイデアにこそ、小さな会社が
大成功する鍵があるんじゃないかという気がするんです。

それを実現するのがネット販売です。

ネット販売は既存のお客様だけでなく全国、
全世界にまで商圏が広がります。

そうすると、奇抜なアイデア商品を求める人が多く
集めることができると考えられます。

インターネットの世界では一般市場に普通にある
量産品より、個性的な商品が求められる傾向があります。
地方の特産品などもそれに当たります。

地理的な条件を考えずに、全国、全世界の
どこにある商品も検索できますから、個性的な商品を
求めるのは自然なことだと思います。

従って、会社の中で日の目を見なかった奇抜な
アイデア商品をもしネットで販売すればそれを
求める人が集まり爆発的に売れるというのも
夢ではないと思うんです。

うちの会社でもずっと前からホームページ作って
奇抜な商品も載せてネット販売しているけど
全然売れないよっていう声もあるかもしれませんね。

でもそれは、ネット販売の特性を考えずに
ただ商品写真を載せているだけだから売れないのでは
ないでしょうか。

単に自社のホームページを作って写真と宣伝文句を
載せているだけでは道にある看板と同じです。
看板より目立たないかもしれません。

ネット販売を活用するというのは、ホームページ、
ブログ、メルマガを日常的に更新してインターネットの
世界のお客様に向けて情報発信、情報収集を続けることで
成り立つんです。

またパソコが得意な人だからという安易な理由で
無理やりネット販売の担当にしてはいけません。

できる限り、文章を書いたり伝えたりすることが
好きな人を担当にすべきです。
インターネットの世界の集客や販売はパソコンが
得意なこととは無関係ですから。

そういったことをちゃんとしているのであれば、
先ほどの奇抜なアイデアはぜひとも商品化して
ネット販売すべきだと思います。

会社は個人のネット販売より、はるかに世間から
信用があると思います。

個人のネット販売で成功しているショップは運営者の
努力の積み重ねの結果得た信用のおかげです。

でも会社は法人化し創業から経営を続けていると
いうだけでも既に信用を獲得しているんです。

しかも、個人では難しい商品開発への投資も
可能だとくれば好条件が整っているわけです。

ですのでネット販売を積極的に活用しない手は
ないと思うんです。

また小さな会社ほど活用すべきではないでしょうか。

小さな会社は少しの成功で会社全体が潤うので、
奇抜なアイデアはもしかすると劇的に変化を
もたらしてくれる可能性も充分考えられます。

しかも小さなリスクでそれを実現できるわけです。

商品の製作にコストがかかり、単価が少々高くなって
しまってもそこまでシビアになる必要のないと思います。

なぜなら、奇抜なその商品を求めるお客様は高くても
その商品を望むような優良なお客様であると思うから。

これまで多くの企業や店舗では奇抜なアイデアは
軽くあしらわれ一蹴されて終わりというのが
一般的ではなかったでしょうか。

でも、これからはネット販売をうまく活用することで
奇抜なアイデア商品が売れるチャンスがあるんです!

実は私も今、会社の中でこういった方法を提案しています。
すぐには取りかかれるかどうか分かりませんが、
必ず成功の瞬間が訪れると思っています。

また経過報告しますね。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る







その通りですね

スマイルハートの社長です。

小さなアイデアをネットで販売するって
素晴らしい案ですね。
参考にさせていただきます

応援クリック、ポチッと!

いつも忙しい中コメントありがとうございます。
[ 2006/05/11 06:57 ] [ 編集 ]

コウさん、こんにちは!
奇抜なアイデアが出せる人はすごいですね。先入観をもっっていたら中々でてこないですし・・。世の中でヒットするものって先が読めないものが多いですし、逆に何がヒットするか分かりません。確かに個人としてネットで反響をみたりするのはいいですね!
[ 2006/05/11 11:48 ] [ 編集 ]

こんにちは、hayatoです。

僕もアイデア勝負人間なんで、良い時代が来たー!!!って気分になりました♪

がんばるぞぉ~!

また遊びにきま~す!
応援クリック♪
[ 2006/05/11 12:30 ] [ 編集 ]

kouさん、こんにちは。
アイデアを出すときに制限を設けてしまっては
いいアイデアも押さえ込まれてしまいますよね。
[ 2006/05/11 19:10 ] [ 編集 ]

 こんばんは  万吉です。

奇抜なアイデアも 出そうと想えば誰でも出せるはずなんですよ^^
鉛筆は消せるから良いものだ!! でもいざってときに
見つからないのが 消しゴムだ!! じゃあくっつけちまえ!!(゜o゜)
…って感じでね^^ そんなむずかしい発想じゃあ ないでしょ?
そこらへんから始めたりなんかすると いいかわかりません。

新しいモノを 無理して考え出さなくとも
既存のモノを焼き直しするだけでも おもしろいですよね^^

 まいどホントに 感謝しておりますm(_ _)m
[ 2006/05/12 01:37 ] [ 編集 ]

応援しています

スマイルハートの社長です。

今日も岡山は天気が良いです。
いつも忙しい中コメントありがとうございます。

日が変わったので
応援クリック、ポチッと!

[ 2006/05/12 07:03 ] [ 編集 ]

コウさん、こんにちは!
あの奥さんは、とにかくアイデア奥さんです。
自分も商売の事に関してはいつも勉強させていただいています(^^)
[ 2006/05/12 14:02 ] [ 編集 ]

確かに

ありきたりのアイデアだったら、誰でも思いついていますよね。
奇抜すぎてもダメかもしれませんが、
今はどんな企画が当たるのか分からない時代、
私達も他がしていないような事を日々考えています。
頑張りましょう。
くりっく
[ 2006/05/12 16:06 ] [ 編集 ]

応援クリック、ポチッと!

スマイルハートの社長です。

いつもありがとうございます。

岡山は今日は雨です。

日が変わったので
応援クリック、ポチッと!
[ 2006/05/13 06:08 ] [ 編集 ]

 こんにちは  万吉です。

アイデアというのも やはり数こなすことが大事…なようですね^^
一生懸命ひとつのアイデアを煮詰めるのは 最後の最後で
それまでは どんなくだらない発想でも エントリーする…
10の中のひとつより 1000の中のひとつのが いいようです。

もともとの素材を徹底的に吟味しないで とっとと味付けしても
それなりのモノしかできない …ってことでしょうかね?^^

 まいどホントに 感謝しておりますm(_ _)mポチ
[ 2006/05/13 10:13 ] [ 編集 ]

スマイルハートの社長さんへ
ネットは個性を活かせる世界だという気がします。
[ 2006/05/13 14:56 ] [ 編集 ]

河野さんへ
そうですね。
標準的なアイデアはこれまでどおり量産中心のリアル市場で販売し、
奇抜なアイデアはネット市場で販売する形態をとればバランスよく
売れるんじゃないかと思っています。
それが21世紀型の成功企業の姿かなと勝手に思ったりしてます。(笑)
[ 2006/05/13 15:09 ] [ 編集 ]

hayatoさんへ
そういう気持ちになっていただけて嬉しいです。
私も頑張っていきたいです。
[ 2006/05/13 15:11 ] [ 編集 ]

今別府さんへ
そうですね。
アイデアに制限を設けてしまえば可能性の目を断ってしまうことになりますよね。
[ 2006/05/13 15:14 ] [ 編集 ]

万吉さん、こんばんは。
そうですね。
既存の商品を見直してまったく新しい新しい商品を生み出していくっていう方法もありますね。
[ 2006/05/13 15:19 ] [ 編集 ]

圭さんへ
大量生産に向く商品はどうしても標準的なアイデアになってしまいますね。
案外、奇抜すぎるアイデアをネットの世界では求める人がいるように思ったりもしています。
[ 2006/05/13 15:23 ] [ 編集 ]

万吉さんへ
そうですね。
私が知っている奇抜なアイデアを出す人もそういうアイデアを連発しています。
奇抜なアイデアはとにかくいっぱい出すことが成功の秘訣なのかもしれませんね。
[ 2006/05/13 15:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/123-d32a5708







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。