T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

部門間における情報交換

私の会社は事業部制です。
そしてそれぞれの事業部は営業部門・企画開発部門・製造部門・
管理部門など、一般的な会社にあるような部門に分かれています。

私は部門間の情報交換の少なさに疑問を感じています。





事業部が違えば、他の会社かと思うほどお互いのことが
よく分かりません。
これは事業分野がまったく違えば仕方ないところはあります。

しかし、部門間でお互いのことがよく分かっていないというのは
よいとは思えません。

今、営業部門が今どういったところに営業しているとか、
製造部門はどんな問題を抱えているとかなど、それぞれに部門が
持つ情報は知っておきたいと思うんです。

そういったそれぞれの部門の情報を管理職以上の人たちだけでなく、
私たちのような一般社員も共有したほうがよいのではないかと思います。

業務を専業化するのは大切だと思いますが、同じ事業のもとでは
それぞれの部門は1つのラインになっていないといけません。

1つのラインにつながって大きな力を発揮すると思います。

もし、形骸化してしまった社内提案制度など実施しているのであれば、
その代わりに、情報交換制度に変えてみたほうがいいと思います。

最近はインターネットを使った社内メールや掲示板などが
整備されつつあると思います。

自分の部門の情報をそういった掲示板に載せて全社的にいつでも
見ることがという方法で情報交換を行なうとよいかもしれませんね。

こうやって一般社員レベルまで社内情報を交換し合うことは、
会社の活性化や効率化をもたらしてくれると思います。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2006/04/15 22:24 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(15)

こんばんは

1つにつながれば、それぞれの力が相乗効果を発揮するんですね。
でも、それがなかなかできないのが縦割り社会?
[ 2006/04/16 00:07 ] [ 編集 ]

kouさん、おはようございます。
縦割り組織の良い面と悪い面を理解した上で
それを補うことのできる組織作りができれば
ベストなのでしょうね。
[ 2006/04/16 08:45 ] [ 編集 ]

コウさん、おはようございます!
情報の共有化は大事ですよね。
連絡がメールオンリーだと、隣の席の人にもメールで連絡するとか(極端ですね)。個人レベルではやはり互いのコミュニケーションが大事ですね。
ぽち
[ 2006/04/16 11:18 ] [ 編集 ]

事業部制は、カンパニー制よりはコミュニケーションがいいですが、それでも弊害はでてきますね。組織は生き物ですから、常に変化することが必要なのかもしれませんね。
[ 2006/04/16 18:47 ] [ 編集 ]

すごい

スマイルハートの社長です。

その通りですね。
横のコミュニケーションが大切ですね

応援クリック、ポチッと!

いつも忙しい中コメントありがとうございます。
[ 2006/04/16 21:19 ] [ 編集 ]

トモカさんへ
そうですね。
1つにつながれば相乗効果を発揮すると思います。
組織が大きくなればなるほど難しいのかな。
[ 2006/04/16 22:38 ] [ 編集 ]

今別府さんへ
そうですね。
それを可能にしてくれるのがITではないかと思っています。
[ 2006/04/16 22:40 ] [ 編集 ]

河野さんへ
リアルとネットをうまく使い分けていきたいですよね。
部門間はネットをうまく活用すれば、今までにないような
有益な情報を共有できると思っています。
[ 2006/04/16 22:43 ] [ 編集 ]

つかささんへ
どんな制度でもメリットデメリットはありそうですね。
デメリットの穴埋めをしてくれるのがITじゃないかと思っています。
[ 2006/04/16 22:45 ] [ 編集 ]

社長さんへ
横のコミュニケーションって結構忘れられなちな気がしますね。
もっと活用していきたいです。
[ 2006/04/16 22:46 ] [ 編集 ]

 こんばんは 万吉です。

今日はもうこんな時間なので(笑) 明日にまた出直します。m(_ _)m
[ 2006/04/17 02:24 ] [ 編集 ]

 こんにちは  万吉です。

そうですね 少なからず そのような会社は多いのではないでしょうか?

実際のところ みなで互いの動きを知る という行為が相乗効果を生み
モチベーションの維持に 影響を 及ぼすように想います。

キャノンなどは 生産工場全体の 流れの掴めない 流れ作業による
モチベーションの低下を “屋台方式”
(1人の手によって商品1つを最初から最後まで作り上げる方式)
の採用によっても 改善した …とのことです。

1人で何もかも作れなくとも せめて自分の横を知る
…なんてことは 大事かも… ですね。

いろんな事情は ありますが… 見直す点かも分かりませんよね。

 まいどホントに 感謝しておりますm(_ _)m
[ 2006/04/17 14:25 ] [ 編集 ]

万吉さんへ
キャノンは確かに生産方式を変えて成功してますね。
業務はつながっていると思うんですよね。
他の部門のことを業務としてはできないにしても情報だけは交換できたらいいなって思います。
[ 2006/04/18 00:23 ] [ 編集 ]

コミュケーション

こんばんは、中村です。

人間は、コミュケーションによって
エネルギーを失ったり、もらったりすると
思います。だからこそ、さまざまな形で
必要だと感じています。
まだ出来ていないこと多々ありますが。

逆に相手をしる努力をしないとも
思っています。

いつもありがとうございます。
[ 2006/04/18 18:40 ] [ 編集 ]

中村社長さんへ
そうですね。
コミュニケーションによって何かを得たり与えたりしますよね。
ビジネスでは意識してもコミュニケーションをできるようにしておきたいですね。
[ 2006/04/18 23:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/114-344fbd13







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。