T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日航タイヤ脱落事故

日本航空(JAL)のタイヤ脱落の事故をニュースで見て
あ~、また日本航空かと思いました。
日本航空は以前から何度もこういった事故が続いて
いますよね。

そういえば20年ほど前の御巣鷹山墜落事故も日本航空。
他にも何か飛行機事故があったと聞けばほとんど
日本航空であった気がするのは決して気のせいでは
ないと思います。





最近、JR西日本は大きな事故を起こしてしまいました。
JR西日本の安全管理を怠った体質は許されない。

しかし、少し視点を変えてみるとJR西日本を監督できる
立場にある国土交通省には責任はなかったのか。
私はJR西日本の事故は防ぐ余地は充分にあったと考えます。

そもそも国土交通省は私たちの税金で成り立っているので
民間企業のように利益追求に追われることなく、
行き過ぎた競争による過密ダイヤについても公正に監視し
適切な処置ができる立場にあると思います。

企業は利益を生み出さなければ存続できない。
だから利益が出なくなると本来の企業方針を見失い
なんとか利益を出そうと無理な経費削減や計画に
走ってしまうことが起こってしまう。

これが大企業になればなるほど気づきにくいように思います。
大きな組織では仕事が細分化されて全体が把握しにくいためです。

JR西日本はあの事故前にも過密ダイヤによるちょっとした
トラブルが続いていたと聞きます。

これが明らかに大きな事故につながる前の前兆だというのは、
国土交通省の立場であれば当然認識できたはずであり、
認識できていなかったとすればそれは大きな問題です。

同じように日本航空でトラブルが続いている状況。
明らかになんらか企業の体質が崩れているのは想像がつきます。

そんな荒れた状況でも存続のために運営を続けなければならない。
もはや自分たちで冷静な判断が難しいと思います。

もちろん、そんな日本航空の体質は許されるべきではないですが
今となってはもはや冷静な判断を下すべきなのは国土交通省しか
ありません。

私は今すぐにでも国土交通省は日本航空に対して無期限の
業務停止命令を下すべきだと思います。

日常の交通に支障をきたすと非難されるからそれは出来ないと
このまま見逃していてはJR西日本の事故のように大きな
事故につながると危惧しています。

自分や大切な人の安全を考えるなら、少しぐらい日常生活に
遅れが出てもいいじゃないですか。

今だったらまだ食い止められます。
日本航空やJR西日本だけでなく、国土交通省にも責任と
自覚を持ってもらうことを強く願います。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/06/17 00:16 ] 社会から学ぶ | TB(4) | CM(4)

TBありがとうございました

小さな事故の連続を見過ごしていると
大きな事故につながるのだ…と予測できるのなら
早急に対策をとらないといけませんね。

会社の責任ばかりを問うのではなく
国の問題として動かなければいけない『とき』ですよね。
[ 2005/06/30 18:52 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

国として取り組まないといけないことはあると思いますね。
原子力発電所なんかも電車事故のようになってしまうんじゃないかと危惧しています。
[ 2005/07/03 00:17 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございました。

「飛行機事故を起こさせないためには、飛行機を飛ばせないことが一番だ。」
もちろん、これは皮肉です。
しかし今の日本航空にとって、この言葉は皮肉とはならないんじゃないでしょうか。

通常の想定内で可能な限りの対策をとっていたとしても、事故は起きてしまうものです。
しかし、飛行機事故にかかわらず今起こっている事故のほとんどはそうじゃないですよね。
安全を重視すれば防ぎえた事故がほとんどではないかと思います。

JAL、そしてそれを監督する立場にある国土交通省の人は、事故で人が亡くなったとき、遺族の目を正面から受け止められますか?
[ 2005/07/25 21:32 ] [ 編集 ]

そらさん、ありがとございます

交通に関わる仕事はトラブルが即人の命を奪います。
特に電車、バス、飛行機は1つのトラブルで一瞬にして多くの人の命を奪います。

日本の交通機関は世界に誇れる時間の正確さがあると信じてきました。
でもそれも偽りの誇りだったですね。

太平洋戦争にさかのぼれば、ゼロ戦は当時世界に誇れる戦闘機だと信じていました。
他のどの戦闘機よりも小回りが利き、相手の背後に回れるすばらしい性能だと。

でも実は、相手の攻撃に弱い薄っぺらな鋼板で作られていたから小回りが利いただけなんですよね。

要は誇りとされているものは、人の命を軽視した上に成り立っているものというのが正体だったわけです。

この際、そんな誇り、全部捨てたほうがいいんじゃないかと思います。


[ 2005/07/25 23:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/11-d98500c9


ι?Υæ??

{/kaeru_rain/}昨日、羽田空港で着陸直後の日航機の前輪タイヤが二本とも外れ、滑走路上で走行不能になるというトラブルが起きた。脱落したのは機体前部を支える前脚のタイヤ二本で、直径九十三センチ、幅三十五センチ。右タイヤは着陸地点近くに、左タイヤは停止した機体の
[2005/06/17 03:31] URL 自分を見つめて。10年後の自分へ

続く空の不祥事

『毎日新聞(05/06/16)』航空機の安全 ああよかった、では済まぬ 羽田空港で15日午前、着陸直後の日航機の前輪のタイヤが2本とも外れる事故が起き、機体は滑走路上で立ち往生した。乗客の一部が不調を訴えたり、同空港を発着する空の便が混乱したものの、大事に至らな
[2005/06/17 06:43] URL =社説は語る=

公務員を減らせ

政府が公務員を減らすと言っているようですので、いくつか問題を提起したいと思います
[2005/06/30 00:23] URL 時事を考える

日航機墜落までの航跡

日航機墜落までの航跡、JAL123便の悲劇最近では、日本航空の業務、運行に問題があり、国土交通省が査察に入っている所ですが、日航機の墜落事故以来、安全運行に注意をはらって来ていたと思っていましたが、ここ数年で変わってしまったのではないでしょうか。格安運賃に
[2005/07/04 17:31] URL 憂国、喝!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。