T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真のブランド

家電を買いに行ったとき、ほしくても買えないのが
松下電器産業の家電です。

他のメーカーの家電より高いのでいつも予算オーバーで
買えないんです。

松下電器産業の家電は不思議な魅力的があると
思っているのは私だけでしょうか。





松下電器産業は家電を「ナショナル」ブランド、映像・音響機器を
「パナソニック」ブランドに分けているのは周知のことだと思います。

私はパナソニックブランドの映像・音響機器には正直そこまで
魅力を感じません。

むしろ、ソニーオンキョーのほうに高い価値を感じます。

しかし家電となるとナショナルブランドに高い価値を感じます。
普段イメージするのはナショナルブランドはパナソニックブランドより
かなり前からあったためか今では古臭いような気がします。

にもかかわらず家電を買うときにはそんな古臭さはすっかり
忘れてしまってむしろナショナルブランドが輝いているような
気がするんです。

特にナショナルブランドの洗濯機や冷蔵庫なんかを売り場で
見ていると神々しく感じてしまいます。

そもそも松下電器産業といえば家電というイメージがあり、
本当の意味でブランド化しているのはナショナルだからでは
ないかと思います。

つまり名前だけのブランドではなく中身が伴っているということです。
家電を中心に長年信頼を得てきたことが松下電器産業の
企業イメージとなっていると思うんです。

そのイメージが松下電器産業の家電が本当に優れているのか
どうかも分からないのになんとなく良い商品と思わせるんでしょうね。

やはり本当の意味のブランドは短期的に作り上げるものではなく
長年の積み重ねによってお客様の心に刻まれるものだと思います。
結果として付いてくるものが真のブランドだという気がします。

そう考えると最初からブランドを作り上げようとしているトヨタ
レクサスはどうなるんでしょう?

それもまた興味深いです。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2006/03/15 23:15 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(4)

ブランディング

こんばんは、中村です。
ブランドは歴史の中の信頼みたいなものですね。
ナショナルはデザインと色合いもいいですね。

機能性も良いですよ。
過日洗濯機を購入したばかりです。

[ 2006/03/16 22:58 ] [ 編集 ]

こんにちわ。

松下電器は、例の屋外式石油暖房機の製品回収に多大な経費をかけ、消費者への責任を果たそうと血眼になっていることから、アフターフォローに関する誠意を感じることができますよね。

トラブルに対してどのように対応するかということも、ブランドイメージを向上させるためには大切なことなんでしょう。



[ 2006/03/17 13:02 ] [ 編集 ]

中村社長さん
ナショナルの洗濯機買われたんですね。
いいなあ~。(笑)
[ 2006/03/18 23:35 ] [ 編集 ]

ふなきさん
そうですね、松下電器はあの事故でかなり誠実な対処をしていますね。
ミスがあってもちゃんと対処する会社なんだっていうイメージがまた刻み込まれるでしょうね。
[ 2006/03/18 23:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/101-ec72d5d2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。