T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ







前のページに戻る

俺がいないとだめ

会社など組織で働いているとき「俺がいないとこの会社は
だめだろうなあ」とか「俺がいなかったら皆困るだろうなあ」と
思う人もいるかと思います。

私も会社員時代にはそういう時がありました。

しかし、ほぼ間違いなくあなたや私がいなくても会社は大丈夫なんですよね。
というか、そういうふうに思っている人は、むしろ周りからいないほうがいいと
思われている可能性大です。(笑)

このままじゃ会社はダメになると思って一生懸命、アイデア出して
他の人より長時間働いて、一つ跳びぬけて良い成績を出して
会社に貢献しても、さほど大きな影響はないと思われます。

もちろん、一生懸命、取り組むこと自体は大事です。

ただ、あなたや私がいなくても会社は大丈夫なんです。
3、4人しかいない会社だったら、多少は一人抜けたら困ることが
あるかもしれないですけど、それでも多少です。

自分だけは違うと思って頑張っても、出る杭は打たれるし、
打たれることで社員の力はちょうど良い平均値の範囲に
落ち着きます。

会社とはそういうものです。

頑張らないでいいと言っているわけではないです。
会社の中で大いに頑張るべきです。
頑張ったことは自分のためになります。
でも会社のために頑張っているとか、周りから期待されているとか
思い過ぎないほうがいいです。
がっかりするだけですから。
下手すると燃え尽き症候群になります。

もし、自分は飛び抜けた力を持っていると思うなら、起業すべきです。
そこで発揮すべきです。
出る杭は打たれることもありません。

脱サラして起業しようかどうか迷っている人は今の会社での情熱を
起業する勇気に変えてみてください。
[ 2015/12/13 23:15 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)