T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タレント化したホリエモンから気づくこと

最近、ホリエモンはタレント化しているなあと思います。

数年前はテレビ局を支配しようとしていた人が逆に
テレビ局のお世話になってしまって、すっかり仲良しに
なっている感じは、なんとなく不思議ですね。(笑)

そんなホリエモンですが、いろいろな意味で、テレビと
ネットの違いなどを誰よりも世間に分かりやすく
伝えてくれた人だと思います。

結局のところ、やはりテレビがネットという新しいメディアに
よって食いつぶされてしまうことはない、ということが
分かってきましたね。
2000年ごろには、まるでテレビはネットに食いつぶされて
なくなってしまうかもしれない、という声もたくさんありましたが
まあこの先100年もなくなりそうな気配はないですね。
逆にネットが普及してもテレビはテレビ、ということで
存在感をしっかり確立したように思います。

ホリエモンはテレビ局を支配しようとしたのは、自身が
IT企業を経営するに当たって、自分たちにとって都合の
良い環境を作っていきたかったということでしょう。
でも結果的には、テレビという強力な組織から猛反撃に
遭って逆に打ちのめされましたね。

そしてテレビは多少なりとネットに影響される部分はあるものの
ネットがなかった時代とさほど変わらない姿で生き残っています。

それどころか、今もなおメディアの中では圧倒的な存在感を
誇っていますね。
結局のところ、ネットは電話やFAXなど通信機器の延長線上に
存在するものであって、テレビとは似て非なるものということの
ようでしたね。

少し話を戻しまして・・・

ホリエモンは最近ではクイズ番組やら討論番組やら何かと
テレビ番組でみかけるようになりました。
もはやタレントですね。

ホリエモン自身も感じているのではないでしょうか。
結局、テレビ局のお世話になって、やはりテレビは強いと
いうことを。

なんだなんだ言って、ホリエモンが刑務所にいたときから
しっかり稼げているのは、テレビのおかげなんですよね。

時代の寵児として、テレビで取り上げられて世間から注目を
浴びて、ホリエモンという愛称まで与えてもらったおかげで
そういったことが可能になったんですよね。

もし、それが、テレビに取り上げられたことのない、
IT企業の一社長、一起業家だとしたら、会社を失って
今のように稼ぐことができたでしょうか。

おそらく無理だと思います。

要はネットのおかげではなく、テレビのおかげなんですよね。
もちろん、ネットの急成長の時代に先駆けて起業して
波に乗ったことで、テレビに取り上げられたわけなので
もともとは当時の努力の結果、実績が報われた側面も
あるとは思います。
しかし、テレビなくして、今のホリエモンが存在することは
あり得なかったと考えると、やはりどう考えてもテレビに
救われているといってもよいかと思います。

テレビに出ることによって、タレント化してさらに
ホリエモンブランドは強固になっていってますね。

そうなるとホリエモンの言動は一般人のそれとは異なり
大きな価値を得ます。

どういうことかというと、同じ人でもテレビに出ている人と
出ていない人の知名度や影響力に雲泥の差が生まれる
という感じです。
テレビに出ているあの人が言ったこと、というのは
ただテレビでに出ているということだけで、大きな価値を
感じてもらえるようになります。

実際にホリエモンの出演した番組、執筆した本、
有料メルマガ・ブログなどは、ほとんどが売れています。
ちょっと外を歩けば儲かるという状態ですね。

単純にネットから出現してテレビに取り上げられずに
全国的に有名になった人など、ほぼ皆無に思います。
やはり、いずれの場合も有名になるには、テレビに
取り上げられていると思います。
今もなお、テレビは世間に影響を与えるためには最高の
舞台には変わりはありませんね。
新聞雑誌など他のメディアの追随を許さない強さを感じます。
もはやそのようなテレビで活躍するホリエモンは有名芸能人と
同じと考えてよいでしょう。

ただ、おそらく本人は有名になりたいとかタレント化して
やっていきたいわけではないように思います。

というのは、ホリエモンはロケット開発という壮大な夢が
あり、実際に発射実験などもしているため、その資金を
集める手段として、タレント活動やその他もろもろの活動を
しているに過ぎないように思えます。
今は、とにかくテレビ出演であろうが有料メルマガであろうが
自分の夢の実現のための莫大な資金を集めることができれば
なんでも良いと考えているのではないでしょうか。

と見せかけて・・・、実はネットと融合したテレビ局を作って自分を
いじめたテレビ局をいつかギャフンと言わせてやろうと虎視眈々と
狙っているのかもしれないですが。(笑)

おそらくホリエモンの考えはいたってシンプルで子供の頃に
思い描いた夢を叶えたい、ということなんでしょうね。

その邪魔をする人たちや旧体制などは徹底的に攻撃してでも
自分の夢を叶えたいという究極にシンプルでストレートな思考を
持つ人なのかもしれません。(笑)
ただ、その過程で失敗すると、ちゃんと反省もする人でもある
ようなので、そこが愛されるあのキャラにつながっているのかも
しれませんね。

ホリエモンの一連の行動は、本当にいろいろとメディアの業界を
引っかきまわして良くも悪くも世間をにぎわしました。
結果的に、テレビは今でも強く、ネットとは似て非なるものという
ことが本当によく分かりました。
ホリエモンはそのことを世間に誰よりも明確に示して
くれたように思います。
スポンサーサイト
[ 2015/07/03 17:23 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。