T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ







前のページに戻る

楽天に出店する判断基準

ネットショップを運営する上では楽天やヤフーショッピングのような
ネットモールへの出店は、必ず一度は検討する人も多いかと思います。

楽天などへの出店には初期費用もそこそこかかるし、出店後も
手数料を取られるし、何かと悩みますね。

いろいろな考え方があると思いますが、現時点(2014年4月)において
私が出店すべきかどうか判断する基準をお話ししようと思います。
数字的な話もありますが、今回はもう少し広い視野でお話します。

まず、結論から言うと、楽天に出店して良いのは、現在たとえば
有名メーカーのパソコン周辺機器、アパレル品、インテリア品など
商品在庫を多く保有している方が望ましいと思います。
食品だと、たとえば海近くで新鮮な海産物や海産加工品を保有して
いるような状態であることが望ましいと言えます。

というのは、楽天が成長したのは、出店するお店がもともと
既に在庫を保有している状況で、楽天という新しいネット通販の
市場を活用して、問屋などを中抜きするなど価格の安さを武器に
大量販売につなげて成功したため、基本的にはそういった既に
有名メーカー品などの在庫を保有している事業者に向く市場と
言えます。

逆に言えば、これからネットショップで起業するような人には
非常に不向きなのが、この楽天やヤフーショッピングと言えます。
楽天との取引条件を考えても、とても起業したばかりの事業者の
ためのものとは言い難いように思います。
(もちろん、事業が小さすぎると出店条件から外れますが。)

ですので、これからネットショップ起業する人やしたばかりの
人は楽天などへの出店は避けるべきです。
そういった人が集客のために、と思っての出店は危険です。
もし出店したいのであれば、地道に事業を大きくして、軌道に
乗せて、しっかりと在庫を保有した状態になれば、その時に
出店を検討することで充分ではないでしょうか。

既にその状態にまで事業が成長している場合の方は、楽天へ
出店してみても良いかと思います。
実際、やはり楽天で購入する人は多く、巨大な市場であることは
間違いないと思います。
リアルの世界でいうとイオンモールのような場所に出店するような
イメージだと思います。

ただ、イオンモールのような場所ですと、当然、日用品的に
価格にシビアなお客様が多いとも言えます。
従って、価格勝負の品揃えと事業方針というのが自ずと求められます。

そうなると、やはり有利になってくるのが大手、ということになります。
実際に現在、楽天での売上上位を占めているショップを考えてみても
ほとんどが大手企業、ロングテール企業という感じです。
当然の結果とも言えますが、創業から10年以上経った楽天の姿も
今ではほぼ形がそのように固まりつつあります。
また、そういった大手と同じように価格勝負をして必死に切り盛りする
事業スタイルは、おそらくほとんどの個人でネットショップ起業する人が
目指していたものとは違うのではないでしょうか。

話は戻りますが、そういった形になった楽天の市場に、起業したばかりの
ネットショップが集客を求めて、出店するのは違和感があるというのは
なんとなく分かっていただけましたでしょうか。

いずれにしても、楽天への出店は事業自体を楽天という大きな船に
乗せて一緒に旅することになります。
一度乗ると、そこでの生活に合わせるために、簡単に抜け出せそうで
抜け出せません。
ですので、出店は本当に慎重に考えたほうが無難だと思います。
特に個人のネットショップは出店するかどうかは、事業全体として
死活問題にもなりますからね。

いろいろな意見があるかと思いますが、私として現時点で思うのは
そういった感じです。
[ 2014/04/13 20:52 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(2)

PPC広告を久しぶりに使いました

PPC広告(リスティング広告)を久しぶりに使ってみました。

ヤフーのオーバーチュアです。

2年ぶりになります。
正直なところ、2年前に無意味だと感じて使わないように
していました。

でも、なんとなく久しぶりに使ってみようと思いました。
使い方も忘れかけていた上に、システムも若干変更されて
いた感じでしたので、すごく難儀しました。

使ってみて思ったのは、やっぱりやめておいたほうが
よかったかなと。(笑)

かなり大雑把な感想ですが、2年前よりさらに
大手の進出が目立っているように思いました。
どのワードも全部、大手に牛耳られて、我々のような
個人のネットショップが付け入る隙はまったく無し、
といった感じに思いました。

大手はおそらく一ワードの部分一致で入札していると
思いますので、そういった大手が増えたということは
ほとんどのワードは、たとえ複数ワードと組み合わせた
としても、大手ばかりが表示されて、我々は蚊帳の外
になってしまうのではないかと思います。

これに必死になって、入札額を上げていくと
オーバチュアの思う壺ですね。(笑)

ただ・・・
ここまで書いておきながら、PPC広告の可能性も
気になっています。

というのは、やはりネットでは「検索」というのは
非常に重要な要素のため、それに連動したPPC広告
というのは合理的とも言えるためです。

テレビは受身で見る側ですが、ネットでは何かを
ほしいと思っている人が自分から検索で探しに
行きます。
そういった人に向けて検索時に表示させる広告の
システムですので、うまく活用すれば、非常に
有効な広告にもなり得ます。

PPC広告はもしかすると、個人事業に向いている
のかもしれません。
クリック課金制という初期費用の要らない点でも
個人事業にとってはありがたいですね。
ということで、もう少し検証していこうと思います。

気づけば四月

少し間が開いてしまいました。

気がつけば四月になっていました。
早すぎます。

ネットショップ運営に関する相談も
増えて、そのコンサルタントで、
ものすごく慌しく過ごしていました。

ブログも更新しないといけないと
思いつつも気が焦るばかりで
結局、手付かずでした。
何事も慌てるとよくないですね。
少し落ち着いて取り組んでいくことが
大事だなと思ったりもしています。

ということでこのブログもゆっくり
ペースでいこうと思います。(笑)
[ 2014/04/07 22:43 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)