T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネット販売しないほうがよいこともある

実店舗だけではなくネットでも販売している人や
これからしようと思う人は多いと思います。

実店舗で購入してもらうだけでなく、ネットで
取り寄せしてもらえば、売上が増す可能性は
高くなりますからね。

ただ、必ずしもネットでも販売することが
よいとは思えない気がします。


スポンサーサイト
[ 2010/10/31 23:56 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(1)

代金引換は安心かどうか

ネットショップでの支払いで代金引換という
方法があります。

宅配業者が商品を届けた際に直接、代金を回収して
くれるというサービスです。

この方法だと代金回収は安心といえそうですが
実際はどうでしょうか。

比較的、安心とは言えますが例外もあります。

それは愉快犯のような相手が商品を代金引換で
注文しておきながら受け取りを無視あるいは
拒否した場合です。

この場合、商品が腐らないものだと商品だけは
戻ってくるのでその商品をまた販売できますが
消費期限のあるような食品の場合は商品だけが
戻ってきても使い物にならないため、結局は
すべて損害になります。

腐らない商品であっても、受注製作のような
商品の場合は、注文を受けてから作って発送
したものの、商品だけが戻ってきても製作費や
外注費などが損害になります。

上記のような商品で5万円の注文があって代金引換で
送ったにも関わらず、相手が愉快犯で受け取りを
拒否して商品が戻ってきたら、大損害になります。

ですので、代金引換は必ず代金を回収できると
安心していたら、痛い目に遭う可能性もあると
いうことを認識しておく必要があります。

代金引換も後払い同様に合計購入金額の上限を
設定するなど何らかの制限を付けておくことが
最悪の事態を回避する方法だと言えます。

ところで、前回の記事へのコメントでNP後払いも
利用してみてはどうかというご意見をいただきました。
最近すっかりその存在を忘れてしまっていましたが
確かに、後払いをメインにする場合などにはコストが
かかってもNP後払いを利用するのも良いと思います。

性善説を信じたいですが、特にネットでは性悪説を
念頭に運営したほうが無難かもしれません。
[ 2010/10/29 15:29 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(0)

被害に遭う

ネットショップを運営して3年になりますが
ついに被害に遭ってしまいました。

どんな被害かというと・・・


[ 2010/10/26 01:29 ] ネットショップ日記 | TB(0) | CM(1)

実店舗を構えるメリットとデメリット

ネットショップだけでなく実店舗も構えて
運営しているお店も多いと思います。

私は実店舗を持っていませんが、やはり実店舗を
持っているのは大きなメリットがあると思います。

そのメリットとは・・・

一番のメリットは信用ですね。

実店舗を構えることで、大きな信用が生まれます。

客の立場で考えるとよく分かると思うのですが
やはり、実店舗のある店はネットショップのように
突然辞めてなくなる可能性が低く、実際に存在
することもあって安心して購入できると思います。
要はそれが信用ですね。

逆に言えば、実店舗がない場合には何らかの
形でよほど信用などを与える工夫をしないと
店選びの選択肢にさえ入らないと言えます。

また、他のメリットとしては、実店舗自体が
大きな広告効果にもなります。
実店舗があることを認識してもらうことが
そのまま広告につながっているという考え方です。
先述した信用を与えるというのもこの広告効果の
一つに含まれることになりますね。

一方、実店舗を構えるデメリットもあると思います。

やはり、経費です。

通りに実店舗を構えた場合、いつ誰が入ってくるか
分かりませんので、販売員が常駐している必要が
あります。
もちろん、見るだけの客が入店した場合にも
時間を割いて対応する必要もあります。
また、やはりある程度商品も陳列して綺麗にして
おいたり、レジを置いたりと、店の大きさや
客の多さに関わらず、店舗運営の経費はかかります。

実店舗を構えるのは上記のようなメリットと
デメリットが存在すると考えられます。

できれば経費をかけないために無店舗で運営
したいところですが、競争の激しい昨今の
ネットショップにおいて、信用という大きな
アドバンテージを得るためにやはり小さくても
実店舗も構えたいのが本音というオーナーも
多いのではないでしょうか。
私もそうです。

そこで、もし実店舗を構えるとしてもできるだけ
店舗運営に時間を取られず、経費もかけないように
工夫する必要があると思います。

たとえば、あえて客があまり来ない想定で人通りの
少ない場所に構えて、さらに来店は予約制にする
などの工夫をすることで、実店舗のメリットだけを
活かすことができる可能性があると思いますが
いかがでしょうか。

ただ、あまりに中途半端で見せかけだけだと
長い目で見れば、逆に信用を失うことにつながり
かねないので、嘘偽りなく、小さく小さく出来る
範囲でメリットだけを活かす実店舗を構えるという
スタンスが良いと思います。
[ 2010/10/17 14:28 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。