T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10年前の就職活動で

10年ほど前の話ですが、私が就職活動でセミナーを
受けた会社で印象に残っている会社があります。

旭化成YKKです。

他にもいろいろ受けたんですが、この2社の就職セミナーで
担当者が自信を持って話されていた内容は印象が深く、
時代が変わった今となってどうなんだろうって思ったりするんです。


スポンサーサイト
[ 2005/07/30 17:26 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

土下座は1回だけ

先日ついに究極の危機が訪れました。

役員や管理職クラスの会議で、私の企画開発している
商品を商品化して発売するのは不可能という話が持ち上がった
みたいなんです。

今まで紆余曲折を経てなんとか小さな成功を重ねつつ
商品化できるというところまでたどり着いたにもかかわらず、
商品化目前にしてどうしてそんなことになるのか。


[ 2005/07/27 22:58 ] 開発日誌 | TB(0) | CM(5)

泣かせたら勝ち

テレビのCMを見ていて思わず泣いてしまいました。
CM見て泣くとは、なんて涙腺が弱いんだという感じですけどね。(笑)

住宅メーカーのエスバイエルの「MINCA」という商品のCMです。
MINCAテレビCM

商品とそのコンセプトに何かを感じ、心に共鳴してしまったみたいです。
感動して涙を流してしまうような商品はどんなものなんでしょう。


[ 2005/07/24 14:39 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(6)

サントリーのザ・プレミアムモルツ

サントリーは、価格がやや高めのプレミアムビール
ザ・プレミアムモルツ」350ミリリットル缶(店頭価格
250円前後)を同日から一時、出荷休止すると発表しました。

予想を上回る売れ行きとなり、生産が追いつかなくなった
ためとのことです。

あらゆる新商品も低価格設定して集客したいいう安易な方向に
走りがちな昨今において、こういう成功って企画開発者に
勇気と希望を与えてくれます。


[ 2005/07/23 23:38 ] 企業から学ぶ | TB(2) | CM(0)

初心に戻る

新商品の発売までには予期しないことが山ほど起こります。
このところ、ある抵抗勢力が出てきた模様です。

しかも役員クラスというからこれはかなり大変。
役員は権力行使で商品化を潰す方向にもっていくことが
できますから。

なんとかこの思わしくない動きを断ち切らねばと焦ったり
いらだったりで疲れてしまってます。


[ 2005/07/19 23:40 ] 開発日誌 | TB(0) | CM(0)

上司に聞くよりインターネットに聞く

私が入社した頃は会社でインターネットは使われていなく、
2年目になってようやくインターネットが使われだしたことを
記憶してます。

インターネットが使われていなかった時代には新入社員は
上司に教わるのが基本だったように思いますが、
インターネットが使われるようになった今では、
上司に聞かなくてもインターネットで調べればほとんどの
ことがすぐに分かるようになったと思います。

今では当たり前ですが、この変化は仕事のやり方だけでなく
精神面にも大きな影響を与えていると実感してます。


[ 2005/07/17 15:23 ] 開発日誌 | TB(0) | CM(2)

アスベスト健康被害

大手機械メーカーのクボタの工場でアスベスト(石綿)によると
みられるがんなどで従業員らが死亡した問題を皮切りに次々と
メーカーによるアスベスト被害の事実が明るみに出てきています。

メーカーで働く立場としてまったく他人事とはいえなく、
いろいろ思うところはあります。


[ 2005/07/15 00:06 ] 社会から学ぶ | TB(2) | CM(0)

商品化に時間がかかる理由

私が今、開発している家具は起案したのが2年前で
開発している内容としては机とそれに付随する備品です。

それにしてはすごく時間がかかっているように思います。
複雑な機械製品だったらまだしも1つの家具を商品化する
くらいにどうしてこんなに時間がかかるのかと思われるかも
しれませんね。

その時間がかかる理由をお話したいと思います。




[ 2005/07/12 23:22 ] 開発日誌 | TB(0) | CM(4)

最初の企画は既存事業路線でねらう

私はこれまでいくつかの新商品の企画をしてきました。
その中には新規分野参入を条件とした新商品の企画もありました。

これは斬新だし深く掘り下げられているから採用されるのは
確実と期待を膨らませ、上司に提出しました。

しかし、上司の反応は「う~ん・・・」と難色を示した感じで
結局見事に却下されました。




[ 2005/07/10 16:28 ] 企画書 | TB(0) | CM(7)

商社や問屋の中抜きによって失うもの

コストダウンの為に商社や問屋を飛ばして材料メーカーと
直取引する、いわゆる中抜きをしようとする動きが
私の会社でも見受けられます。

こういった動きは私の会社に限ったことではないように
思います。

時代の流れという言葉で片付けられるかもしれませんが、
商社や問屋とのこれまでの付き合いに本当に無駄で
省くべきものだったのでしょうか。


[ 2005/07/07 23:47 ] 外注の活用 | TB(0) | CM(3)

採用される企画書の構成

新商品企画書の構成としてはコンセプト、価格、仕様と
いったことが基本となりますが、なんといっても新商品の
イメージ図を多用するのが採用されるきっかけを作るために
最も効果的だと思います。

もちろん、他社との価格や仕様の比較図なども必要ですが、
それよりも絵で見て納得させることのできる企画書が
理想的だと思うんです。


[ 2005/07/06 23:41 ] 企画書 | TB(0) | CM(2)

成功に必要なのはIQそれともPQ

毎週土曜日放送に「島田紳助の国民的潜在能力検定」という
番組が放送されています。
たまたまテレビをつけたらやっていてなんとなく気になって
見てしまっています。

これまで頭の良さはIQ=知能指数で測られてきましたが、
本当に頭が良いかどうかを測る新しい尺度が
「PQ(Potential Intelligence Quotient Inventory)
=知的潜在能力指数」だそうで、それがこの番組のテーマです。

さらに、人生で成功をおさめるのは、必ずしも「IQ」の
高い人間ではなく、むしろ「PQ」の高い人間だそうです。
う~ん、納得できるようなできないような。微妙な感じ。


[ 2005/07/04 23:03 ] 雑記 | TB(1) | CM(3)

商品購入決定者は誰か

新商品の企画開発を進める中で気づかない間に
お客様の顔を忘れてしまって進めてしまっている
というのはこのご時世あまりなくなったように思います。

どの企画開発の現場でもきっとマーケットインを念頭に
お客様に喜ばれる商品を考えていることだと思います。

しかし、商品購入決定者やお金を支払うのは誰か
ということまでしっかり掘り下げて考えている
でしょうか。


[ 2005/07/02 22:40 ] 21世紀型の商品 | TB(0) | CM(0)

他部署の仕事を知る

新商品企画開発を発売に向けて進めているとき、
それに没頭するあまりに自分の部署の観点だけで
考えてしまっていることがあります。

でも社内、社外のライバルから抜きん出て商品化を
決定させるためには他部署がどのような仕事をしているのか
よく知っておいたほうがいいと実感しています。


[ 2005/07/01 23:53 ] 開発日誌 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。