T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ







前のページに戻る

ポケモンGOの大ヒットに見る任天堂の矛盾と葛藤

ポケモンGOが世界中で大ヒットして社会現象にもなっています。
7月22日には日本でも配信が始まり、毎日のようにその話題を耳にします。

ポケモンGOとは外出して行なうスマホの体験型ゲームアプリ。
スマホのGPS機能で位置情報により、その場所に行けばスマホ画面上で
ポケモンが出現して、それを集めていく(捕獲する?)といったゲームのようです。

ゲームをしない私にとってはわざわざ外出してまで、画面上でポケモンを集めたいかなと
不思議に思うのですが、ゲームに意味を考える私自身がだめなのかもしれないですね。
ゲームは立派な娯楽の一つですからね。

今回ポケモンGOの大ヒットの理由としては、やはりスマホのGPS機能を使った
体験型ゲームであること、それにポケモンという長年実績のある人気キャラを
用いたことが見事に世間のニーズにマッチしたということだと思います。
実はポケモンのピカチュウ、個人的に結構好きなんです。(笑)
やはり長年の人気キャラは強いですね。
たとえば、キティちゃんであったり、スヌーピーであったり、長年の人気キャラは
それがゲームの画面に出てくるだけでも癒されて嬉しいですし、使いたくなる
気持ちも分かる気がします。

それにしても、外出してゲームをするという発想はそれまでのゲームのイメージとは
まったく違いますね。
昨年に亡くなった任天堂の岩田前社長は、家の中にでゲームしている子供たちが
ポケモンGOで外に出て遊ぶきっかけになってくれれば、といったことを
生前に話していたようです。
そのポケモンGOが大ヒット。
岩田前社長も天国できっと喜んでおられることに思います。

ただ、ここに矛盾を感じてしまうのは私だけでしょうか。
任天堂は30年ほど前にファミリーコンピュータを開発して、
それまで外で遊んでいた子供を家の中に引き戻しました。
「皆、外で遊んでいないで早く家に帰ってファミリーコンピュータの
前に集まれー!」と言わんばかりの大ヒットとなりました。
当時、私も子供でしたが、まさに家の中に同級生がたくさん集まり、
毎日のようにファミリーコンピュータでワイワイと盛り上がっていた
光景を思い出します。

その後も任天堂は家の中で楽しめるゲームを開発し続けて業界を
牽引してきました。
その任天堂が30年以上経った今、逆に家の外に引っ張り出そうという
ゲームの開発に携わったわけです。
これまで「家の中でゲーム専用機で遊びましょう」と言ってきた任天堂が
一転して「家のゲーム専用機の前から離れて外で遊びましょう」と言う・・・
私はどうしても、そこに矛盾を感じてしまいます。

それはさておき。
このポケモンGOが予想外の世界中での大ヒットにより、任天堂の株価も高騰しました。
しかし、その数日後には、急落。

その原因は「ポケモンGOによる収益への影響は限定的」という控えめというか
後ろ向きな任天堂の発言によるところが大きいようです。

そもそも、ポケモンGOは任天堂が配信しているアプリではありません。
開発主体は、あくまで米グーグルから独立した米ゲーム企業の
「ナイアンティック」社と「ポケモン」社になります。
ポケモンは任天堂が32%出資する関連会社ではありますが、任天堂がポケモンGOで
手にする収益は、開発運営協力費やキャラクターのライセンス料の一部に過ぎません。
任天堂が単独で開発して配信しているような印象も受けますが実は違いますね。

そのため、任天堂はこの歴史的大ヒットでも控えめな発言をしたようにも思われますが・・・

私はここに任天堂の葛藤に悩む姿をみてしまいます。
というのは、ライセンス料の一部しか任天堂に入らなかったとしても、
これだけの大ヒットとなれば、その額も相当なものとなります。
なにより、プロジェクトとして大成功し、一時的であっても株価が急激に上がり
再び任天堂の名前が世界中に知れ渡ったわけです。
普通に考えたら、喜びしかないはずです。

にもかかわらず、任天堂は非常に控えめで後ろ向きな発言。
テンションが低めというか。
これは、任天堂として本当に手放しで喜べない本音からくるものと思われます。
つまり、この成功は、任天堂自身が本来望んでいる形ではない、と思っている
可能性が高いということです。

任天堂はもともとスマホゲームの分野への参入には慎重でした。
同業者が続々とその分野に参入している中、任天堂だけは、参入しませんでした。
しかし、2015年3月にはDeNAとの業務・資本提携を発表し、スマートフォンや
タブレットなどスマートデバイスも、全社的な戦略のなかで活用してゆく方針に
舵を切り、参入していくことになりました。
スマホゲームが予想以上に流行してさすがの任天堂も時代の流れには
逆らうことができなかったものと思われます。
今回のポケモンGOもスマホゲームへの参入の一環ということですね。

そのように任天堂として、スマホゲームのアプリ開発にも乗り出したわけですが・・・
おそらく社内的には、いまだ慎重姿勢の勢力が根強く残っているものと思われます。
時代の流れとして、スマホゲームの参入してアプリを開発せざるを得なくなったものの、
それは本来自分たちの目指すべき道ではない、本来はやはりゲーム専用機を軸とした
開発が中心であるべき、という思いが社内に強く残っていると察せられます。

スマホゲームのアプリで成功しても肝心のゲーム専用機の開発ではいまだ復調の
気配を実感することができていないもどかしさに悩んでいるのではないでしょうか。
そのため、今回のポケモンGOの大ヒットでも、手放しでは喜べないというわけです。

成功しているのに喜ぶことができないというのはぜいたくな悩みですが
売れれば何でもよし、としない任天堂の社内で受け継がれてきた方針への
こだわりであると思われます。
それは任天堂の企業としての存在意義でもある部分ですので、とても
大事なことではあると思います。

任天堂はもともと花札を製造していたメーカーだけあって、やはり
ゲームメーカーとして成長した今も、どこか玩具としてのゲームメーカー
というイメージが残っています。

任天堂と同様にゲーム専用機を開発している大手には他に、ソニーと
マイクロソフトがありますが、それら3社は見事にイメージが分かれますね。

任天堂は「玩具」としてのゲームメーカー
ソニーは「AV機器」としてのゲームメーカー
マイクロソフトは「PCソフト」としてのゲームメーカー

もちろん、3社ともゲーム専用機を有するゲームメーカーですが、
大雑把なイメージではそのように分かれるように思います。
任天堂は、他の2社に比べて、子供から大人まで楽しめる玩具として
その本体であるゲーム専用機に最もこだわりを強く持っていると思われます。
任天堂のビジネスにはゲーム専用機が不可欠といってよいのかもしれません。
それだけにどうしてもアプリよりゲーム専用機をヒットさせたいのでしょうね。

その中で、予想外にスマホゲームのポケモンGOが歴史的大ヒット。
これが大ヒットするということは、スマホの利用者が増え、これまで開発した
ゲーム専用機はスマホにますますシェアを奪われてしまうことになります。
変な表現かもしれないですが、敵(スマホ)を応援しているようでもあります。
スマホゲームの分野で思わず大成功してしまったことで、今、開発中の
ゲーム専用機もこのまま開発を続けてよいものかどうか迷いも生じそうです。
そう考えると、ポケモンGOの大ヒットはなんとも皮肉な結果であり、
その現状に強い懸念を抱いているというのが任天堂の胸の内なのかも
しれません。

おそらく今、任天堂社内では喜びと悩みが入り乱れて、どうしてよいのか
分からなくなって意見が割れてしまっているのではないでしょうか。

今回のポケモンGOの大ヒットを受けて、任天堂はどう動いていくのか。
こうなると新しいゲーム専用機として、独自のスマホを開発して
普及させていく可能性もありそうですね。
ポケモンGOを楽しめる任天堂独自のゲーム対応型スマホといった感じでしょうか。
そうなれば、先述の岩田前社長の発言から感じる矛盾もかなり軽減されて
ポケモンGOの大ヒットも普通に喜ぶこともできるのかもしれません。
しかし、スマホの開発となれば、そのための開発要員が必要となるので
少数精鋭の任天堂の規模からすると、意思決定だけでもかなりの時間が
かかりそうです。
そもそもスマホの開発となるとゲーム会社の域を超えそうでもあるので
簡単なことではないのでしょうね。

いずれにしても任天堂は今回の成功をあまり喜ばず、依然として慎重姿勢を
貫きながら、これまでどおりゲーム専用機とそのソフトおよびキャラクターの
知的財産の活用を軸にして堅実に開発を進めていくのではないかと思います。
[ 2016/07/26 16:18 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(0)

ハイボール人気の理由

最近、いろいろなところでハイボールという言葉を
聞くようになりました。

ハイボールはウイスキーなどをソーダで割ったお酒です。
これが今ブームのようですね。

以前にお父さん世代の芸能人が、ハイボールが人気だと
いうのを若い世代から聞いて、「どうして今更ハイボール?」
と不思議な顔をしていたのを覚えています。

昔からあったのですね。

今のハイボール人気は俳優の小雪さんが出演するサントリーの
CMイメージの影響が大きいと思っている人も多いと思いますが
実際はどうでしょう。


[ 2010/07/20 15:05 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(1)

カップヌードルの肉変更から学ぶ

今回は学ぶといっても反面教師のような
話になります。

先日、久しぶりに日清のカップヌードルを
食べました。

肉などが変更していましたが
感想としては・・・


[ 2010/05/26 16:53 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(1)

続・頑張れトヨタ!

あまりにこのニュースばかり見るので
今回もトヨタについて書きます。

トヨタの社長は販売店や工場の従業員の
激励で感極まって泣いていましたね。

アメリカの議会での追求の後だったので
よほどアメリカ政府などから厳しい追及を
受けているのが伺えるシーンでした。


[ 2010/02/25 22:12 ] 企業から学ぶ | TB(1) | CM(1)

頑張れトヨタ!

トヨタはリコール問題でどんどん深みに
はまっている感じですね。

でもなんとなくアメリカの政治的圧力が
絡んでいる気がするのは私だけでしょうか。


[ 2010/02/21 00:53 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(2)

パイオニア不振の理由

パイオニアはリストラや薄型テレビ
事業から撤退など業績不振だという
ニュースを見ました。

確か15年前の不況時にもパイオニアは
同じような状況になっていたような
記憶があります。

なぜ、繰り返し業績不振に陥っている
のでしょうか。


[ 2009/03/05 17:15 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(2)

メガマック戦略に学ぶ

最近、週一回はマクドナルドを食べる習慣がついています。


最近のマクドナルドといえば、メガマック。
実は週一回マクドナルドを食べていながら、まだ一度も
メガマックを食べていません。


品切れだったり、販売期間終了だったりしたためです。


[ 2007/04/02 11:48 ] 企業から学ぶ | TB(1) | CM(12)

資生堂「TSUBAKI」の第二弾CM

資生堂の新商品シャンプー「TSUBAKI」の
第二弾CMを最近よく見ます。
夏バージョンのようですね。


前回のCMも第一線で活躍する日本の女優6名を使った
豪華なCMでしたが、今回もまたすごいです。


[ 2006/07/10 23:56 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(26)

どうしたトヨタ

ここのところ、トヨタの大量リコールが
相次いでいます。


30日にも9車種56万5756台のリコールを
国土交通省に届け出ました。


トヨタブランドは高い品質なはず。
一体トヨタはどうなってしまったのか。


[ 2006/05/31 21:36 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(20)

資生堂「TSUBAKI」がトップシェア獲得

資生堂の「TSUBAKI(ツバキ)」が長年シャンプーで
シェアトップを守ってきた「ラックス・スーパーリッチ
ユニリーバ・ジャパン)を逆転するという異変がありました。

この異変の背景には何があったのでしょうか。


[ 2006/05/13 23:24 ] 企業から学ぶ | TB(2) | CM(24)

IKEAの日本進出

スウェーデン生まれの世界最大級の家具チェーンIKEA(イケア)の
日本1号店IKEA船橋が先月オープンしました。

いよいよ日本の家具業界に黒船来襲といったところでしょうか。

[ 2006/05/07 00:55 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(16)

レクサスが成功する条件

トヨタレクサスは国内で苦戦しているようです。

いろいろな見解があり実際にところ成功か失敗かという
判断は難しいという気がします。
極端な話、販売目標をぐっと低くすれば目標はクリアして
成功ということもできるわけですからね。

いずれにしても私はトヨタの目指すレクサス
確立させるためにはある条件が必要だと思っています。

その条件とは・・・


[ 2006/05/04 03:51 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(14)

部門間における情報交換

私の会社は事業部制です。
そしてそれぞれの事業部は営業部門・企画開発部門・製造部門・
管理部門など、一般的な会社にあるような部門に分かれています。

私は部門間の情報交換の少なさに疑問を感じています。


[ 2006/04/15 22:24 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(15)

真のブランド

家電を買いに行ったとき、ほしくても買えないのが
松下電器産業の家電です。

他のメーカーの家電より高いのでいつも予算オーバーで
買えないんです。

松下電器産業の家電は不思議な魅力的があると
思っているのは私だけでしょうか。


[ 2006/03/15 23:15 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(4)

投書箱の設置

私の会社では職場改善の提案制度があり、全社員を対象として
月3件の提案の提出を義務付けられています。

しかし、提案内容に条件があり、個人的な不平不満につながる
内容や実現不可能な内容は受け付けないということなんです。

どうしてそんな条件をつけてしまうんだろうと常々思います。

私は不平不満や実現不可能と思われる内容も受け付けるべきだと
思うんです。


[ 2006/02/08 23:07 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(8)

シャア専用ノートパソコン

以前、シャア専用ノートパソコンというのが
発売されたことを思い出しました。

シャアというのは、アニメ機動戦士ガンダムに
登場する人気キャラクター「シャア・アズナブル」です。

これを発売したのはパソコンメーカーではなく
玩具メーカーバンダイの関連会社の
バンダイネットワークスでした。

もちろん、バンダイネットワークスがパソコン本体まで
製造したわけではなく、ソーテックが製造し、
バンダイのブランドで販売という形態です。

バンダイネットワークスがリーダーとなってソーテックが
参画した一種のプロジェクトという感じでしょうか。


[ 2005/12/11 22:00 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(3)

パイオニアの転落から学んだこと

パイオニアが苦戦しているようです。

デジタル家電負け組が明らかになり、業績不振で
2トップ引責退任とのことです。

競合メーカーに対抗すべくプラズマテレビへの巨額の
設備投資したにもかかわらず、急激な価格下落に追従することが
できなくなったことが主たる原因のようです。


[ 2005/11/28 22:41 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(9)

iPodがシェア50%超える

アップルiPodが、音楽配信サービスの開始や相次ぐ
新製品投入でライバルを突き放し、シェア50%を超えました。

iPodとは同社が開発したポータブルプミュージックレーヤーで、
特徴としてパソコンを通してiPod本体に音楽を入れてやることに
よってMDやCDのようにディスク入れ替えの必用がなくなりました。

パソコン機能を備えたウォークマンといったところでしょうか。

ソニーなど国内メーカーが追撃していますが、iPodの勢いは
さらに増し、50%を超える圧倒的なシェアを獲得しました。

この商品が大ヒットしたのは、ユーザーが望む機能が
他社商品より圧倒的に上回ったことによるものだと思います。


[ 2005/11/04 22:53 ] 企業から学ぶ | TB(1) | CM(2)

佐川急便とヤマト運輸の隠された勝負

試作の部品などを業者や関連会社に送ることがよくあります。

そんな時よく利用しているのが佐川急便です。

たまにヤマト運輸(クロネコヤマト)も使いますが、ほとんど
佐川急便を利用している気がします。

でもよく聞くのですが、佐川急便は荷物の扱かいが乱暴らしいんです。

何やら放り投げることもあるそうで。

噂だけなのかもしれないと思ったりもしたけど、
以前の会社にいたときも今の会社でも同じようなことを聞くので、
どうも噂だけということではなさそうです。

ヤマト運輸はそんなことは聞いたこともなく比較的
安心と言われています。

どうして乱暴な扱いをするのが分かっていて、
佐川急便を使っているんだろうって疑問に思いました。


[ 2005/10/18 23:35 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(8)

セブン-イレブン・清涼飲料水値下げへ

コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンは全国の店舗で
500ミリリットルペットボトル入り清涼飲料水の
販売価格を現在の147円から22円(15%)値下げし、
125円にしました。

少し前にはマクドナルドが低価格路線で失敗しています。
(関連記事:「マクドナルド再び低価格路線へ」

そういう事例があってもあえて強行したのは、厳しい競争から
抜け出すためなのか、新手のライバル出現に備えるためなのか。

とにもかくにもコンビニ業界に激震が走ったのは間違いないと思われます。
果たしてセブンイレブンはマクドナルドと同じ運命をたどるのでしょうか。


[ 2005/09/30 23:45 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(2)

自社の強み

今日、社内メールでアンケート記入依頼が私のPCに
送られてきました。
宛先を見れば社内全員に送信されていました。

間違いのない経営方針を立てるために社内全員の意見を
取り入れるということらしいです。

こんな機会は今までになかったので、思う存分記入しました。


[ 2005/09/23 00:37 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(2)

別注品請負による工場への負担を防ぐ方法

別注品を請負って工場で生産する場合、規格品を
生産するより生産効率が落ちます。

別注品には規格品の色違い、サイズ違い、形状違い
など様々あります。

工場での生産では規格品のような同じものを
多く作り続けるのが最も生産効率がいい。

それは、あらかじめ決まった材料を用意しておき、
決まった生産ラインで、決まった工程で作業の
繰り返しができるためです。

従って、別注品でしかも数量が少ない場合は
生産が大変です。


[ 2005/09/19 22:51 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(0)

売らせてくださいと言われる商品

モノを作れば売れる時代にはメーカー主導で
販売サイドは衛星のようにメーカーに寄り添って
売っているのがほとんどだったように思います。

ところがバブル崩壊後、モノは簡単に売れなくなるに
従ってメーカーの立場は年々弱くなり、代わりに大型専門店
を中心に販売店の力が強くなりました。

私の会社も一部では大型専門店様様でなんとか当社の商品を
売ってくださいませ状態です。

こんな状況が全社に広がっていくとちょっと危険です。


[ 2005/09/14 22:33 ] 企業から学ぶ | TB(1) | CM(4)

トヨタの新ブランド・レクサス

トヨタは新ブランド・レクサスを立ち上げ、先月末より
販売を開始しました。

レクサスは実のところ日本で立ち上がったブランドでは
なくて1989年に米国でスタートしたトヨタの
高級車ブランドであり、逆輸入で日本に上陸しました。

ベンツBMWといった外国の高級車に対抗するべく、
富裕層をターゲットに「最高のおもてなし」を実現するという
トヨタの新ブランドの高級車。

レクサスは企画開発段階から完全に従来のトヨタブランドとは
切り離しているようです。


[ 2005/09/07 22:00 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(5)

心動かされた商品

今、開発中の商品をスタートした頃、他業界で衝撃を
受けた商品がありました。

トーヨーキッチン&リビングのキッチンです。

きっかけはキッチンメーカーの商品のデザインを調べようと
インターネットで検索していて何気なくホームページを
見たことでした。

いろんなキッチンメーカーのホームページを見たんですけど、
トーヨーキッチン&リビングは何かが違いました。

何か強く心動かされるように感じたんです。
とりあえず隅々までホームページを見ました。

本当に良い感じがして、ぜひ一度ショールームでこの目で
確かめておきたいと思いました。


[ 2005/09/01 00:10 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(0)

ダイエーの今後

私は近所のスーパーで時々買い物をします。
いつも利用するのはダイエーです。

このダイエー、全国30都道府県にわたって53店舗
閉鎖されるとのこと。

かなり大規模な店舗閉鎖になるわけで、大手スーパーの
厳しい現状の象徴なのでしょうか。


[ 2005/08/28 21:54 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(0)

ヨドバシカメラが秋葉原に出店

2005年9月に東京の秋葉原へ大型電気専門店ヨドバシカメラ
店舗を出店するそうです。

これまで秋葉原電気街に、ディスカウントショップの出店や
大型店舗の出店、あるいは電気街とは直接関係がない異業種が
参入しても、電気街の中ということで相乗効果による売り上げ増
という期待ができました。

しかし、今回、電気街の中ではなく線路を隔てて一店舗完結型の
ヨドバシカメラの出店ということで、電気街はにとって
厳しい状況を生む可能性があるといえます。

実際、既に秋葉原では閉店が相次いでいると聞きます。
おそらくヨドハシカメラ進出による影響を考えた閉店も
多いような気がします。

世の中は大型専門店支配の時代に向かっていくのでしょうか。


[ 2005/08/21 03:55 ] 企業から学ぶ | TB(4) | CM(0)

真の経営者の姿

97年に倒産した山一證券の野澤社長を覚えているでしょうか。

涙の記者会見:

「私らが悪いのであって、社員は悪くありませんから。」

と涙を流しながら言った社長といえば、もしかしたら
思い出すかたもいるんじゃないでしょうか。

これは山一證券の自主廃業の事実が公然となった瞬間でした。

当時の私はこのニュースを見ていて日本の不景気を
象徴しているようなニュースだなあと思うほどで
深く考えることもありませんでした。

しかし私も社会人としてそこそこ年数を重ねていくにつれて、
あの時涙を見せた社長は本当に頼れるべき人であり、
社長としてだけでなく人間としても、この人の下だったら
頑張ろう!と本気で思わせる人ではないかと思うんです。


[ 2005/08/06 20:46 ] 企業から学ぶ | TB(1) | CM(2)

泣かせたら勝ち

テレビのCMを見ていて思わず泣いてしまいました。
CM見て泣くとは、なんて涙腺が弱いんだという感じですけどね。(笑)

住宅メーカーのエスバイエルの「MINCA」という商品のCMです。
MINCAテレビCM

商品とそのコンセプトに何かを感じ、心に共鳴してしまったみたいです。
感動して涙を流してしまうような商品はどんなものなんでしょう。


[ 2005/07/24 14:39 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(6)

サントリーのザ・プレミアムモルツ

サントリーは、価格がやや高めのプレミアムビール
ザ・プレミアムモルツ」350ミリリットル缶(店頭価格
250円前後)を同日から一時、出荷休止すると発表しました。

予想を上回る売れ行きとなり、生産が追いつかなくなった
ためとのことです。

あらゆる新商品も低価格設定して集客したいいう安易な方向に
走りがちな昨今において、こういう成功って企画開発者に
勇気と希望を与えてくれます。


[ 2005/07/23 23:38 ] 企業から学ぶ | TB(2) | CM(0)