T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まず頭を下げてみる

先日、製造部の係長より部品加工を請け負ってくれる新規の
業者を知っていたら教えてほしいということで、私が以前に
訪問したことのある業者を紹介しました。

係長たちは数人引き連れてその業者を訪問し工場見学など
したようですが、どうもその業者との取引はしないことに
なってしまったみたいです。

係長から連絡がなかったので、どうなったのかなあと
思っていたんですが、他の人からすべてを聞いて
しまいました。


スポンサーサイト
[ 2006/02/26 22:27 ] 外注の活用 | TB(0) | CM(2)

良い商社の選び方

電気製品には到底及ばないですが、家具も案外様々な部品で
構成されています。

その1つ1つの部品は自社工場で作るものと外注で
作るものがあります。

私が今開発している新商品も外注で作ってもらう予定の
部品が非常に多いです。

外注には加工業者や商社などいろいろなタイプがありますが、
この新商品の部品は商社に依頼しているのが最も多いです。

その理由は、商社は材料調達から加工・塗装まで一式で
請け負ってくれるためです。


[ 2005/10/12 23:41 ] 外注の活用 | TB(0) | CM(2)

商社や問屋の中抜きによって失うもの

コストダウンの為に商社や問屋を飛ばして材料メーカーと
直取引する、いわゆる中抜きをしようとする動きが
私の会社でも見受けられます。

こういった動きは私の会社に限ったことではないように
思います。

時代の流れという言葉で片付けられるかもしれませんが、
商社や問屋とのこれまでの付き合いに本当に無駄で
省くべきものだったのでしょうか。


[ 2005/07/07 23:47 ] 外注の活用 | TB(0) | CM(3)

下請業者との良好な関係の大切さ

商品企画開発の仕事をしていて最近あらためて思うことが
あります。

部品などを製作する下請業者、外注との良好な関係を
築くことの大切さです。

下請なんて圧力で言いくるめてうまく利用しておいたらいい、
みたいな考えの企画開発担当者も結構多いと思います。

でも私はそういう考えでは良い商品、長く売れる商品には
ならないと思っています。


[ 2005/05/26 23:59 ] 外注の活用 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。